トップページ

皆さん、こんにちは。会計士の小貫泰志です。最初に、当ページに御来訪いただき誠に有難うございます、心から感謝いたします。ここ数年の世の中の変化には驚きの連続です。いかがお過ごしですか。私たちの祖先もまたいくたびか大きな時代の変化に立ち向かい、積極的に対応し、命をつなぎ、今の私たちの豊かな生活があることを考えれば、必ずこの状況を乗り越え道は開けるのだと私は信じています。こういう時だからこそ、原理原則に立ち返って、足元を見て前に進みたいと思います。

店内イメージ

○温故知新・・・・歴史は繰り返すと言いますから、このような時は、大きな時代の変化の流れにある時こそ、幾多の困難を乗り越えてきた長寿企業に学ぶのが一番。一般には、創業100年超えると長寿企業ですが、日本で、この100年以上の歴史のある会社の数はいくつくらいあるか知っていますか?2020年9月に、長寿企業の調査研究を行う一般社団法人100年経営研究機構から新しい発表がありました。100年を超える企業が、日本では、5万2千社を超えるとの調査報告がされました。(同法人がデータベースを構築) すごい数ですね。そのうえ、1000年以上の歴史を持つ長寿の企業は日本に何社あるか知っていますか?統計の取り方にもよるようですが㈱東京商工リサーチの調査によれば7社、また、100年経営研究機構代表理事で、日本経済大学大学院特任教授、長寿企業研究の第一人者でいらっしゃる後藤俊夫先生の調査によれば、統計に表れないファミリービジネスとして継続している事業者を含めて21社あるといいます。いずれにしろ、すごいことです。日本は世界一の長寿企業国です。私も初めてこの事実を知った時、日本の企業の底力はすごい!と思いました。と同時に、この長寿企業の鍵、100年企業の鍵は何だろうという疑問がわきました。皆さんもそう思いますよね。
(コンセプトへ続く)

新着情報

2022年03月14日
サイトをリニューアルしました